芸能

小泉進次郎の生い立ちは?両親の離婚や三男との生き別れはなぜ?

小泉進次郎の生い立ちは?両親の離婚や三男との生き別れはなぜ?


スポンサーリンク




こんにちは!

今回は、小泉進次郎さんの生い立ちについてまとめていきます!

 

滝川クリステルさんとの“おもてなし婚”を発表した小泉進次郎さん。
これまで極秘交際を続け、ようやくゴールインをしました。

 

小泉進次郎さんと言えば父に小泉純一郎さんを持ち、兄には俳優の小泉幸太郎さんがいる有名な家系です。

将来の首相候補とささやかれ、人物的な人気もとても高いんです。
さらに結婚発表を首相官邸で行ったことで、よりそれを物語っているようにも思えます。

 

そんな小泉進次郎さんですが、これまでどのような生い立ちだったのでしょうか?

ご両親の離婚や三男との生き別れはなぜか…
順風満帆に見えて、実は複雑な人生を歩んできていると言われています。

 

さっそくチェックしてみましょう!

スポンサーリンク




両親の離婚

 

小泉進次郎の年収は?収入が億超え?貯金0で資産が車1台ってマジ?2

 

小泉進次郎さんは、産まれて間もない頃にご両親が離婚しました。
離婚後の親権は父親である小泉純一郎さんに渡っています。

 

もともと小泉純一郎さんは、お見合いによって当時の妻と知り合っています。
しかし、結婚生活は約4年という短い期間でした…

 

離婚理由については色々な説があります。
中でも有力と思われるのは、小泉純一郎さんの姉と妻の仲が悪かったということです。

 

確かに考えてみれば、小泉家は政治家の一族。
先代の小泉又次郎さんや小泉純也さんといった大物からつながる家系です。

当然の如く家庭内は厳しいものだと想像できます。
そんな中で、外から着た者ということで厳しく接しられたら…?

 

離婚当時、純一郎さんの妻は妊娠していたそうです。
その状況で離婚したという事を考えると、相当思い詰めていたのではないでしょうか。

想像しただけで政治家の家系は厳しそうなイメージがあります。
おそらく色々と制限が多いんでしょうね。

 

私だったらきっとすぐに抜け出してしまうと思います。笑

小泉進次郎の育ての親は?

 

小泉進次郎の生い立ちは?両親の離婚や三男との生き別れはなぜ?2

 

両親の離婚後、小泉進次郎さん達を育てたのは小泉純一郎さんのお姉さんでした。
純一郎さんは進次郎さん達に、お姉さんのことを“ママ”と呼ばせていました。

 

当時は、幸太郎さんが4歳で進次郎さんが1歳ほどだったので、特に進次郎さんは本当の母親だと思っていたことでしょう。

 

当時のことを想像すると本当に大変だったと思います。
幸太郎さんはすでに4歳だったので実の母親の存在を知っていたはずです。

 

その上で、本当の母親として接していくというのは何とも言えないですね…
きっと相当な覚悟を持って母親代わりを引き受けたんだと思います。

 

純一郎さんのお姉さんも実はスゴイ人なのかもしれませんね!

小泉進次郎が三男と行き別れたのはぜ?

 

ご存知の方もいるかと思いますが、小泉進次郎さんには弟がいます。
そして、ご両親が離婚した当時にお腹にいたのが弟の三男です。

 

離婚後、進次郎さんたちと三男は離れ離れになってしまいます。
その後も純一郎さんからは「親子関係はない!」と言われ会う機会はなかったそうです。

 

かなり厳しい言葉ですよね。
親の都合で離れ離れになってしまっただけなのに…

あんまりですね。

 

しかし、純一郎さんが政治家を引退したことにより転機が訪れます。
進次郎さん達に「お前たちは3人兄弟だから仲良くすればいい」と伝え、三男との対面を果たします。

 

その後も純一郎さんも交えて食事をするなど、関係は良好になったそうです。

 

本当に良かったですね!
元々実の兄弟なわけですから良い関係でなくちゃいけませんよね。

 

今では純一郎さんも、進次郎さん達に申し訳ない気持ちでいっぱいなのかもしれませんね。

小泉進次郎の生い立ちまとめ

 

偉大なる小泉純一郎さんの息子であり政治家の小泉進次郎さん。
その生い立ちは意外にも複雑でした。

 

幼少時代にご両親の離婚
育てられたのは実の母でなく父親の姉
弟の三男との生き別れなど、これまで辛い思いもしてきていると思います。

 

一見すれば順風満帆に思えますが、実はそうではなく苦労もたくさんしているようです。
現在は親子仲良のいい関係を保っているようなので本当によかったと思います。

 

進次郎さんと滝川クリステルの結婚にも涙を流して喜ばれていたそうです。
両親の離婚を知っている進次郎さんですから、きっと結婚生活はうまくでしょう。

 

以上で、小泉進次郎さんの生い立ちについてのまとめを終わります。
最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

スポンサーリンク