話題

退職代行は訴えられる?裁判や懲戒解雇の危険は?会社側の反応も

退職代行は訴えられる?裁判や懲戒解雇の危険は?会社側の反応も


スポンサーリンク




こんにちは!

今回の記事では、
退職代行を使用した際のリスクや反応についてまとめていきます!

 

みんさんは退職代行というサービスを知っていますか?

会社を辞める意向を本人に代わって電話で伝えてくれるというもの。
実はネットで知るまで僕も退職代行という存在をまったく知りませんでした。

一見するとすごく便利で楽に会社を退職できそう!なんて思いがちですが・・・

反対に、
そんなことして訴えられない?
懲戒解雇にならない?
といった危険や不安も感じます。

さらに会社への迷惑や同僚への仕事の負担などもあるでしょう。
今回はそんな退職代行のリスクを考えていきたいと思います。

退職代行で本当に会社を辞められる?

 

退職代行は訴えられる?裁判や懲戒解雇の危険は?会社側の反応も2

 

退職代行は本人に代わって退職の意向を電話で伝えるものです。

とはいっても、
電話の1本だけで会社を辞めることなんてできるの??
そんな疑問が湧いてきますよね。
中には、なかなか辞めさせてくれない会社もあると思います。

 

実際人には会社を辞める権利というのがあるため、電話だけでの退職は可能だということ。
通常であれば事前に退職届を出して・・・などといった流れがありますよね。

退職代行を使えば即日で退職できるため、余計な時間や手間、精神的負担はなくなります。

 

では、この退職代行の料金はどのくらいでしょうか?
調べてみましたが、退職代行というサービスは業者によって料金設定に幅がありました。

相場として見てみると・・・
アルバイトやパート社員の場合は3万円~4万円。
正社員の場合では4万円~5万円ではないかと思います。

 

この料金を払えば今の仕事から解放される・・・。
人によっては高いor安いは分かれるのかなぁと。

 

こんな高い料金払うくらいなら、直接自分の口から退職を申し出る!
という人もいると思いますし、

パワハラなどで精神的に追い詰められている人にとってはこの金額ですぐに楽になれるなら安い!
なんて人もいるでしょう。

 

ちなみに僕は、この料金は高いのかなぁと思います。
4万円、5万円あれば美味しいもの食べられるし、それなら直接退職を告げてしまおう!
と考えてしまいます。笑

なのでいちがいに退職代行の良い悪いは判断できませんね。
“人それぞれの置かれている状況によって”ということでしょうか。

 

ただ、最近では退職代行への相談件数がとても増加しているそうです。
もしかしたら今後、退職代行は当たり前になるかもしれません・・・。

スポンサーリンク




退職代行は訴えられる?裁判や懲戒解雇の危険は?

 

退職代行は訴えられる?裁判や懲戒解雇の危険は?会社側の反応も3

 

どうしても考えてしまうのはリスクについて・・・。

退職代行を利用するとか会社から訴えられない?
場合によっては裁判とか懲戒解雇となるかも。

そんな不安が頭をよぎります。

退職することにより、会社に大きな損害が発生する場合は考えられます。
さらに機密情報の持ち出しや、何らかの不正がある場合も同様です。

 

ですが、これまで問題なく普通に働いていたということであれば心配ないと思います。
会社側としても辞める人間に対してそんな時間や手間はかけたくないですよね。
裁判にしてもお金がかかりますし。

 

なので問題なく働いていたのであれば裁判や懲戒解雇となる危険は少ないと考えられます。

会社側の反応は?

 

退職代行はとても便利なサービスではありますが、
会社側の反応は当然良いはずがありません。

会社側としても本人から申し出てほしいですし、辞める理由も知りたいと思います。
今まで育ててきた人材を急に失うということは気持ちの面でも悲しい事です。

 

そして一番の問題としては、
“まわりへの迷惑”
辞めた側はそれで終わりですが、残された上司や同僚にはしわ寄せがやってきます。
さらに”急に辞める”という状況になる為、余計に負担が大きいはず・・・。

 

退職代行を利用するかしないかはその部分を十分に考える必要があると思います。
便利な反面、リスクを伴い信用を失う。
なかなか難しいものですね。

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

退職代行はとても便利で楽に退職できるサービスです。
特に精神的に追い詰められている人や、まったく辞めさせてくれないと悩んでいる人には良いと思います。

 

裁判や懲戒解雇となる不安もありますが、問題なく働いていれば心配いらないでしょう。

問題なのは会社側への迷惑です。
残された上司や同僚には負担がかかるため、そこはしっかりと考えたいものです。

 

会社を辞めたいと思っていても、実際に退職代行を利用するかしないかの判断は難しいと思います。
本当はそういったサービスを利用せず、直接対面して退職を申し出たいものです。

 

以上で、
退職代行を使用した際のリスクや反応についてのまとめを終わります。

最後まで読んでいただきありがとうございます!

スポンサーリンク