話題

南海トラフ地震は何年後に?危ない地域や安全な県はどこ?震度予想も

南海トラフ地震は何年後に?危ない地域や安全な県はどこ?震度予想も4


スポンサーリンク




こんにちは!

今回の記事では、
南海トラフ地震の発生時期や影響を受ける地域についてお届けしていきます。

 

テレビで地震速報が流れるたびに、
どきっとして「巨大地震につながらないかなぁ・・・」と心配になってしまいますね。

元々、南海トラフ地震は“来る!来る!”と言われてきましたが、そう言われてかなりの月日が経っています。
私もそうですが、危険が迫っているという感覚があまりありません。

 

もし万が一、南海トラフ地震が今起こったら・・・
想像しただけでも怖いですよね。

私の住んでいる地域はかなりやばいと言われています。

 

そんな南海トラフ地震、
実際には何年後に起こると予想されているのでしょうか?
そして地震による危ない地域や安全な県はどこなのでしょうか・・・。

とても他人事ではないことなので、さっそく調べてみたいと思います。

南海トラフ地震は何年後に起きる?

 

南海トラフ地震は何年後に?危ない地域や安全な県はどこ?震度予想も

 

これまで南海トラフ地震の発生については、
30年以内に発生する可能性が高い!と言われています。

ただ、実際に調べてみると・・・

20年以内に来る!
いつ来てもおかしくない!

など情報が様々。
これだとあまりパッとしませんよね。

 

なので過去に起こった南海トラフ地震の発生時期やその間隔から、次に起こるのはいつ頃なのか予想してみたいと思います。

 

             過去に発生した南海トラフ地震

発生年・名称マグニチュード
684年 白鳳地震M8~9
887年 仁和地震M8~8.5
1096年 永長地震M8~8.5
1099年 康和地震M8~8.3
1361年 正平地震M8.2~8.5
1498年 明応地震M8.2~8.4
1605年 慶長地震M7.9~8
1707年 宝永地震M8.4~9.3
1854年(12月23日) 安政東海地震M8.4~8.6
1854年(12月24日) 安政南海地震M8.4~8.7
1944年        昭和東南海地震M7.9~8.2
1946年        昭和南海地震M8~8.4

 

 

地震と地震の間隔は2年~262年でした。
平均すると地震発生の間隔は約92年となります。

過去のデータから予想すると、
次に南海トラフ地震が起こるのは2038年頃ではないかと思います。

30年以内より20年以内という情報のほうが信憑性が高そうですね。

 

さらに、過去に発生した南海トラフ地震のうち、12月に発生した地震はなんと5度。

有史以来の南海トラフ地震の候補としては、684年白鳳地震、887年仁和地震、1096年永長地震・1099年康和地震、1361年正平地震、1498年明応地震、1605年慶長地震、1707年宝永地震、1854年安政地震、1944/1946年昭和地震が挙げられます。このうち、1096年永長地震、1854年安政東海地震、安政南海地震、1944年昭和東南海地震、1946年昭和南海地震の5つが12月に発生しています。

引用:YAHOO!ニュースより

12回のうち5回が12月に発生・・・。
偶然なんでしょうが気になってしまいますね。

 

そして、地震の規模を見ても南海トラフ地震はやはりとても怖いです!
間違いないと言っていいほど大きな揺れが起こるということですから・・・。

住宅購入なんて特に考えてしまいますよね。
新築で全壊や半壊という可能性もありえますし。

スポンサーリンク




危ない地域や安全な県はどこ?

 

南海トラフ地震は何年後に?危ない地域や安全な県はどこ?震度予想も3

 

南海トラフ地震による危険な地域は、
震源域に近い静岡県、和歌山県、高知県です。

特に静岡県は一番危険だと言われています。
理由は、浜岡原子力発電所があることと津波による被害が大きいと考えられているため。

原発事故が発生した場合、広範囲でとてつもない被害となります。
津波も同様で到達時間を考えると避難が困難です。

 

和歌山県や高知県も津波被害による危険性は高いです。
特に和歌山県は津波の到達時間が2分なんて言われているんです。

2分では避難どころではありませんよね。

 

実は私が住んでいるのは一番危険と言われる静岡県。
ヤバイです・・・。

しかも遠州灘に近いのでなおさら危ないところです。

危険だと分かっていても、なかなか引っ越しなんてできませんよね。
さて、どうしようかな・・・。

 

逆に安全な県と言われているのは、
島根県、岡山県、北海道(北部)、群馬県です。

断層が少なく、過去の地震発生の数も少ないのが理由です。
とはいっても地震が無いというわけではないので、”備え”は必要ですね。

南海トラフ地震の震度予想

 

南海トラフ地震で予想される震度は、
震度6弱~震度7と言われています。

過去の南海トラフ地震でもマグニチュード7.9~9.3を記録しているため、間違いなく巨大地震となります。

 

なのでこれから重要となるのは“備え”です。
非常食や避難グッズはもちろんですが、避難ルートの確認も必要だと思います。

 

場所によっては津波の接近もあるため、事前の確認は必須です。

南海トラフ地震で必要なものは?防災グッズや避難方法をチェック! こんにちは! 今回は、南海トラフ地震が発生した際に必要なものや避難方法についてまとめていきます! いつ発生し...

https://yuyufirst.com/topic/8822/

https://yuyufirst.com/topic/9171/

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

南海トラフは過去のデータから間違いなく巨大地震となります。
危険な地域や安全な県など様々ですが地震は突然起きます。

今回調べた地震に関するデータや情報はあくまで目安です。
場合によっては今地震が起こる可能性もあります。

必要なのは日ごろからの”備え”
万が一の時のためにしっかりと準備したいものです。

 

以上で、
南海トラフ地震の発生時期や影響を受ける地域についての記事を終わります。

最後まで読んでいただきありがとうございます!

スポンサーリンク