話題

新型コロナウイルスはいつから流行った?いつなくなる?経緯まとめ!

日を増すごとに猛威をふるう新型コロナウイルス。

イベントの中止や学校の休校など、社会的な影響も出ています。

7月には東京オリンピックも控え、今後の見通しも不安ですね。

 

そんな新型コロナウイルスですが、
いつから流行り始め、そしていつなくなるのでしょうか?

今回の記事では、
これまでの経緯や今後の見通しについて考えてみたいと思います。

スポンサーリンク




新型コロナウイルスはいつから流行ったの?

今でこそ、連日話題となっている新型コロナウイルス。

そもそも、いつから流行っていたのでしょうか?

 

調べてみると、
新型コロナウイルスが初めて発見されたのが2019年12月8日。

つまり、流行り始めたのは“2019年12月8日から”となります。

中国での新型コロナウイルスの発生・発見について

新型コロナウイルスが初めて発見されたのは、2019年12月8日。

場所となるのが、中国の湖北省武漢市という中国中部にある商業都市です。

 

そんなに前に発見されていたの?

と思われるかもしれませんが、
実は発見当時、新型肺炎の発生は公表されていませんでした。

徐々に感染が広がり、同月12月31日に新型肺炎の存在が公表されています。

 

お国柄という感じでしょうか・・・
約1ヵ月近くも公表されなかったというのは恐ろしい気もします。

ちなみに、新型コロナウイルスの正式名称は『COVID-19』とWHOが命名しています。

スポンサーリンク




日本での新型コロナウイルスの発見はいつから?

日本で初めて新型コロナウイルスが発見されたのは、2020年1月16日。

武漢市に滞在していたという男性が日本の医療機関を受診し、新型コロナウイルス感染が発見されました。

男性は1月3日まで武漢市に滞在していたそうで、発熱を訴えて受診しています。

新型コロナウイルスの症状や潜伏期間は?

猛威をふるっている新型コロナウイルス、
主な症状や潜伏期間についてはどうでしょうか?

<一般的な症状と重症化するリスク>
発熱や呼吸器症状が1週間前後つづくことが多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える方が多くなっています。季節性インフルエンザよりも入院期間が長くなる事例が報告されています。

罹患しても軽症であったり、治癒する例も多いとされています。一方、重症度は、致死率がきわめて高い感染症(エボラ出血熱等)ほどではないものの、季節性インフルエンザと比べて高いリスクがあります。特に、高齢者や基礎疾患をお持ちの方では重症化するリスクが高まります。

引用:厚生労働省HPより

これは、2020年2月25日時点で厚労省が把握している症状ですが、やはり風邪の症状に似ています。

発症した際にはインフルエンザよりも高いリスクがるとのことで、非常に危険だということが分かりますね。

 

潜伏期間については、14日間というのが現在の目安となっています。

世界保健機関(WHO)のQ&Aによれば、現時点の潜伏期間は1-12.5日(多くは5-6日)とされており、また、他のコロナウイルスの情報などから、感染者は14日間の健康状態の観察が推奨されています。
引用:厚生労働省HPより

新型肺炎ということで、まだ情報が十分でないことは確かです。

今後も新たな情報はしっかりとチェックしなければなりませんね。

これまでの経緯まとめ

新型コロナウイルスの発見から、これまでの経緯をまとめてみたいと思います。

2019年

  • 12月  8日 原因不明の肺炎が中国武漢市で発生。
  • 12月31日 原因不明の肺炎をWHOが中国当局から報告を受ける。

2020年

  • 1月  7日 新型コロナウイルスと判明。
  • 1月13日 中国以外で初となる感染をタイで確認。
  • 1月16日 日本国内での感染を確認。
  • 1月31日 WHOが”国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態”と宣言。
  • 2月  5日 ダイヤモンド・プリンセス号で集団感染。
  • 2月11日 WHOが新型コロナウイルスを『COVID-19』と命名。

 

感染は現在も広がり続けている状況です。
今後もあらゆる影響が懸念されますね。

新型コロナウイルスはいつなくなる?

収束の時期が気になりますが、
現段階では、明確な時期を推測することはできないようです。

ただ、専門家によると・・・

1~2週間くらいがクリティカルで、感染があっという間にどんどん拡大してしまうのか、その感染拡大のスピードをある程度抑制できるのか、瀬戸際にある。

引用:FNN PRIMEより

2月24日に行われた専門家会議では、
感染拡大か、それとも収束に向かうのかはここ1~2週間の状況次第とのこと。

もし、更なる感染拡大となれば、東京オリンピックの開催も危ぶまれる事態となるでしょう。

新型コロナウイルスを予言した?イルミナティカードの都市伝説とは?新型コロナウイルスの速報が連日流れ、感染拡大が心配されています。 そんな中、 新型コロナウイルスの出現は、イルミナティカードの予...
東京オリンピック中止はニ回目?昭和の大会はなぜ幻?損害・損失も!こんにちは! 新型コロナウイルスの影響で、開催の行方が心配されている2020東京オリンピック。 現時点では開催する方向性との...
南海トラフ地震は何年後に?危ない地域や安全な県はどこ?震度予想も4
南海トラフ地震は何年後に?危ない地域や安全な県はどこ?震度予想も こんにちは! 今回の記事では、 南海トラフ地震の発生時期や影響を受ける地域についてお届けしていきます。 テ...

さいごに

2019年の12月8日からその存在を表していた新型コロナウイルス。

発生から3ヵ月が経過しようとしていますが、今だ収束の目途は立っていません。

イベントや学校の休校などが相次いでいますが、今は辛抱の時期です。

ここ1~2週間の経過次第では、収束の希望も見えてくるでしょう。

今後の情報をしっかりチェックしたいと思います。

スポンサーリンク