芸人

明石家さんまの収入は?年収15億は本当?総資産や愛車はゲレンデ?


スポンサーリンク




こんにちは!

今回は、明石家さんまさんの収入についてまとめていきます。

 

明石家さんまさんといえばお笑い界の天才、誰もが知る大物芸人であり名司会者です。
ビートたけしさんやタモリさんと並び、日本のお笑いBIG3と呼ばれています。

 

あらゆるテレビ番組に出演し、テレビをつければその姿を見ない日はないくらいです。
それだけの活躍をされている明石家さんまさんであれば収入は相当あるはず。

 

噂では年収が15億円もあり、さらに愛車がゲレンデと言う話も…

果たして本当なのでしょうか?

 

今回は、そんな明石家さんまさんの年収や総資産、愛車について調べてみたいと思います!

明石家さんまの年収はいくら?

 

明石家さんまの収入は?年収15億は本当?総資産や愛車はゲレンデ?4

 

明石家さんまさんの年収は、推定5億4000万円ほどと思われます。

理由として、2014年に当時のニュースサイトでBIG3の年収についての情報があり、明石家さんまさんの年収が5億4000万円だと報じられていました。

 

ただ、情報自体が2014年と言う約5年前の話なので、現在はそれ以上に稼いでいるという可能性も十分にあると思います。

 

ちなみに明石家さんまさんのギャラは、
テレビ出演だけでも1本150万円と言われています。

す、すごい…
レギュラー番組だけでなく特番とかもありますから合計したらかなりの額になりそうですね。

 

しかし、ネット上では明石家さんまさんの年収は15億円ではないか?という話も。

調べてみましたが、
実際にはっきりとした確証はなく、あくまで単なる噂ではないかと思われます。

 

もしくは、BIG3の1人であるビートたけしさんの年収が15億円と言われているため、その関係で明石家さんまさんの年収も15億円と言われているのかもしれません。

どちらにしても凄まじい年収ですよね!

 

年収5億4000万円を月収にすると、月4500万円…
一体どれだけの生活ができるのでしょうか?

自宅にビルを所有しているとの話もありますし、オーストラリアのゴールドコーストにも別荘があるなんて話もあります。

 

さすがに生活レベルが私たちの想像をはるかに超えていますね。笑

スポンサーリンク




明石家さんまの総資産額は?

 

 

明石家さんまさんの総資産は、推定100億円と言われています。
そしてその100億円は、娘のIMALUさんが相続するとの噂も。

 

100億円と聞くと飛び抜けた金額に思いますが、年収5億4000万円を30歳代の頃から稼いでいたとすればあり得ますよね!

 

明石家さんまさんは、オーストラリアのゴールドコーストに別荘を持っているそうです。
情報がないだけで、自宅や別荘の他にも不動産関係を所有している可能性も十分にあります。

 

金額が金額なだけに相続するのにも相当な相続税がかかってきそうです。
考えただけで気が遠くなりそう…笑

明石家さんまの愛車はゲレンデ?

 

 

高額な年収や総資産を考えると、明石家さんまさんが乗っている愛車も気になります。

明石家さんまさんの愛車は、ベンツGクラスの通称ゲレンデだそうです。
価格は1800万円もする高級車ですが、実は他にも様々な車を所有しています。

 

超希少なプリムス・バラクーダやあのケビンコスナーも持っていたと言われるシボレーエルカミーノもあるとか…

車好きにはたまらないですよね!

 

プリムス・バラクーダは1964年〜1974年までしか製造されていないそうですし、シボレーエルカミーノも1959年〜1987年までの製造とのこと。

こんな車はたとえお金があっても手に入らないと思います。

 

明石家さんまさんの自宅にはこういった車が並んでいるんですね!
ちょっとしたギャラリーになっているんでしょうか。

明石家さんまの収入まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

明石家さんまさんの年収は、推定5億4000万円だと思われます。

総資産は100億円と言われ、自宅や別荘の他にも不動産などを所有している可能性があります。

そして明石家さんまさんの愛車はゲレンデだけでなく、希少とされるプリムス・バラクーダやシボレーエルカミーノも持っているそうです。

 

さすがお笑い界だけでなく芸能界の大物といった感じですね!
こういった先輩がいると若手芸人にとっては大きな目標となります。

これからのお笑い界にもまだまだ必要とされる人物だと思います。

 

以上で、明石家さんまさんの収入についてのまとめを終わります。
最後まで読んでいただき、ありがとうございます!