TV

平成狸合戦ぽんぽこの謎!舞台の場所や秘密の裏設定がリアル?

平成狸合戦ぽんぽこの謎!舞台の場所や秘密の裏設定がリアル?4


スポンサーリンク




どうも祐です!

今回は、ジブリ映画の人気作『平成狸合戦ぽんぽこ』
その謎や裏設定についてまとめてきます!

 

みなさんはこの『平成狸合戦ぽんぽこ』を知っていますか?

1994年に公開された、興行成績44.7億という大ヒットのアニメ映画。
監督は『おもひでぽろぽろ』や『かぐや姫の物語』で有名の高畑勲さん!

この『平成狸合戦ぽんぽこ』、
タヌキたちが自然を破壊し、開発を進める人間たちと戦っていくというお話です。
一見悲しそうな物語のように思えますが、笑いあり涙ありといった味のある作品なんです。

 

そんな名作『平成狸合戦ぽんぽこ』には、ひそかに囁かれる謎や裏設定があると言われています。

その謎とはいったいなにか?
どんな裏設定があるのか?

とても気になりますよね!

僕もジブリ映画は小さなころか見ていて大好きなシリーズなので、実際に調べていきたいと思います!

平成狸合戦ぽんぽこのあらすじ

 

平成狸合戦ぽんぽこの謎!舞台の場所や秘密の裏設定がリアル?2

 

昭和40年代、東京の多摩丘陵というところにタヌキたちが平和に暮らしていました。
しかし、人間による開発行為が行われ、そこに多摩ニュータウンの建設がはじまってしまいます。

建設によって自然が破壊され、タヌキたちは住むところを失った影響で仲間同士での縄張り争いも始めてしまう・・・。

 

その間にも着々と開発は進み、タヌキたちは仲間同士で争っている場合ではないということに気付きます。

タヌキたちは力を合わせ、
建設を阻止するべくその化学(ばけがく)を使い人間たちの立ち向かうのです。

 

こうした妖怪大作戦を行うも結果は失敗、建設は阻止できませんでした。

多くのものを失い、落ち込んでいるタヌキたちでしたが、最後のみんなの力をあわせて人間との共存という方向に動き出します。

その思いは人間にも伝わり、
これにより建設された多摩ニュータウンには緑が残ることになりました。

その後、タヌキたち人間の世界に溶け込んだり緑の中で平和に暮らしていきます。

 

サラッとあらすじを見ていくと、自然破壊に対してのメッセージを強く感じます。
主人公はタヌキたちですが、緑の中に住む動物の代表のような立ち位置でしょうか・・・。

現実の世界でも開発はどんどん行われていますよね。
人間の住みよい環境作りも重要ですが、それにより失われる動物やその住みか。
そいったことも考えなくてはいけないのではないか・・・。
そう思わせる物語だと思います。

もちろん、タヌキはかわいいですし物語は笑える部分もあって面白いですけどね!

スポンサーリンク




平成狸合戦ぽんぽこの謎!舞台の場所が・・・?

 

平成狸合戦ぽんぽこの謎!舞台の場所や秘密の裏設定がリアル?

 

『平成狸合戦ぽんぽこ』の舞台、
多摩丘陵、そして開発後の多摩ニュータウン。

これは同じくジブリ映画『耳をすませば』の舞台と同じではないか?と言われています。

その理由は・・・。

舞台が同じ多摩ニュータウン?

 

『耳をすませば』の舞台も実は多摩ニュータウンなんです。

『平成狸合戦ぽんぽこ』で開発されていた多摩ニュータウン、その未来を舞台としているのが『耳をすませば』です。

『平成狸合戦ぽんぽこ』では建設途中のコンビニが出てきます。
そこは『耳をすませば』では月島雫が買い物をしているコンビニと同じ。

タヌキたちが人間を驚かしているシーンに出てくる団地は、雫の住んでいる団地。
さらに車にひかれてしまうシーンの道は、雫の帰り道でもあります。

 

これは両方の物語を見ているとあれっ?
となり気付く方もいるかもしれませんね!

もしかしたらジブリ制作側のイタズラでしょうか?笑

僕は『耳をすませば』も好きで昔からよく見ています。
なのでこの共通点にはすごく分かりますし、やはり意図的ではないかと思います。

まったく同じシーンがある?

 

同じ多摩ニュータウンの夜景シーンがあります。

『平成狸合戦ぽんぽこ』では最後に、『耳をすませば』では開始早々の出てきます。
多摩ニュータウンの過去と未来・・・。

それをはっきりと思わせるシーンです。
よりふたつの作品の関連性を感じさせますね!

秘密の裏設定がリアル?

 

『平成狸合戦ぽんぽこ』に出てくる、
佐渡島の団三郎、阿波の金長狸、讃岐の禿狸は歴代総理大臣ではないかと言われています。

佐渡島の団三郎 ⇒ 田中角栄元総理
阿波の金長狸 ⇒ 三木武夫元総理
讃岐の禿狸 ⇒ 平正芳元総理

理由としては、このお三方が名を挙げていたとされる年代が作品と同じ昭和40年代。
そして出身地が同じで、見た目をも
どこか似ているとのこと。

『平成狸合戦ぽんぽこ』のタヌキには自民党の政治家という裏設定があるのでしょうか?

 

他にも労働組合があったりします。
実際に昭和40年代頃はそういった運動があり、権力と戦うという動きもあったとか。

そう考えると秘められた思いというかメッセージが濃いですね!
こういったことを意識しながら見ても違う面白さが感じられそうです。

 

さらに『平成狸合戦ぽんぽこ』には歴代のジブリキャラが隠れて登場します。
トトロキキは有名かと思いますが、
実は『紅の豚』のポルコや『おもひでぽろぽろ』のタエ子もいるんですよ!

 

平成狸合戦ぽんぽこの謎!舞台の場所や秘密の裏設定がリアル?6 平成狸合戦ぽんぽこの謎!舞台の場所や秘密の裏設定がリアル?7

 

ジブリのファンにはたまらないシーンですよね!
ちなみに僕が初めて見たときは、トトロとキキにしか気づけませんでした。

意外に注意しながら見ていないと見落としてしまうかも・・・。笑

平成狸合戦ぽんぽこの謎や裏設定まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

『平成狸合戦ぽんぽこ』には謎や裏設定を思わせるシーンがたくさんありました。
初めて見るにしても面白いですが、こういった裏の部分を考えながら見てもひと味違った面白さがあるのかもしれません。

よく金曜ロードショーで2週連続ジブリ!なんてありますよね!
個人的には『平成狸合戦ぽんぽこ』と『耳をすませば』の2週連続なんて面白いんじゃないかと思います。

ジブリは何度見ても飽きませんし見るたびに気付くこともあります。
ジブリ以外の作品でもそうですが、込められたメッセージや願いをしっかりと受け取りたいと思います。

 

それでは、以上で
平成狸合戦ぽんぽこの謎や裏設定についてのまとめを終わります。

最後まで読んでいただきありがとうございます!

スポンサーリンク