芸能

松浦勝人の年収に驚愕!自宅は田園調布の豪邸って本当?資産もスゴイ


スポンサーリンク




こんにちは!

今回は、エイベックスの取締役会長CEOの松浦勝人さんの年収や自宅についてまとめていきます!

 

浜崎あゆみさんが発売した『M愛すべき人がいて』という小説で、過去に松浦勝人さんと交際してたことが暴露され話題となっています。

 

松浦勝人さんと言えば、手掛けたアーティストは浜崎あゆみさんをはじめ、EXILEやAAAなど多数。

日本を代表する音楽プロデューサーと言われています。

 

今回は、そんな松浦勝人さんの年収はいくらなのか?
そして豪邸と呼ばれる自宅や資産についても調べてみたいと思います!

松浦勝人の年収は?

 

 

松浦勝人さんの年収は、4億5100万円と言われています。

 

理由としては、2013年になりますが上場企業の役員報酬についての記事で松浦勝人さんの年収が公表されていました。

 

6月25日17時現在の役員報酬最高額はセガサミーホールディングスの里見治氏で、5億8,300万円。次いで、エイベックス・グループホールディングスの松浦勝人氏が4億5,100万円、LIXILグループの藤森義明氏が2億9,500万円と続く。

引用:livedoorNEWSより

 

さすがエイベックスのトップですね!

情報は2013年頃のものなので、きっと現在はさらに高い年収を稼ぎ出しているかもしれません。

 

サラリーマンの平均年収は、平成28年度で約521万円と言われ、生涯年収は約2億1000万円だそうです。

 

すごい違いですよね…
松浦勝人さんなら半年でサラリーマンの生涯年収を稼いでしまうということです。

 

ある意味恐ろしいですね…

スポンサーリンク




松浦勝人の自宅は田園調布の豪邸?

 

 

松浦勝人さんの自宅は、以前東京都大田区の田園調布にありました。

 

しかし現在はその自宅は売却され、会社近くのマンションを借りて住んでいるそうです。

 

現在生活しているマンションの詳細は分かりませんが、以前住んでいた豪邸はとてつもない建物だったと言われています。

 

価格は約9億円と噂され、地上2階建て地下2階で広さは約1500平米、気になる間取りは10L2D2K3Sのようです。

 

10部屋・ダイニング2ヶ所・キッチン2ヶ所・サービスルーム(小部屋)3ヶ所…

 

率直に広すぎます!
平米と間取りから見ても、超がつくほどの豪邸だということがわかります。

 

設備についても、完全防音のクラブスぺース巨大なジェットバスなど一般人からはかけ離れたような設備だらけです。

 

ただ、自宅が広すぎて掃除が大変といったことやジェットバスに手間がかかる電気代が月100万円かかるなどあまり満足はしていなかったようです。

 

そういったこともあり、結局はその豪邸を売却してしまったとか。
大きければ大きいほど、豪華なら豪華なほどかえって満足できないのかもしれません。

 

一般人からすれば贅沢な悩みのように思えますが…
やはり生活に不便のない程度の大きさや設備の住居が1番なのかもしれませんね!

松浦勝人の資産額は?

 

 

松浦勝人さんの総資産は、50億円〜100億円ほどではないかと言われています。

 

ただ、それを裏付ける情報や確証がないため、あくまで噂レベルだと思います。

 

年収が4億円以上あり、自宅も以前は超がつくほどの豪邸に住んでいました。

 

さらに、情報がないだけで実際には不動産関係も多数所有している可能性が考えられますし別荘なんかも実は所有しているかもしれませんね。

 

そういったことを考えると、総資産は100億円どころか1000億円クラスということもあり得ると思います。

 

おそらく私たちの想像をはるかに超えているのは間違いないでしょう。

松浦勝人の年収や自宅まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

松浦勝人さんの年収は4億5100万円と公表されていました。

 

総資産は50億円〜100億円と言われていますが、実際にはもっと多くの資産を持っているのではないかと思います。

 

自宅が以前は田園調布にあったそうですが、現在は既に売却され会社近くのマンションに住んでいるそうです。

 

浜崎あゆみさんの小説により、松浦勝人さんとの過去の交際が明るみに出ています。
小説はノンフィクション作家が求めている関係で、真実である可能性がとても高いと言われています。

 

松浦勝人山には奥さんがいますが、大丈夫なのでしょうか?
少なくともちょっとした修羅場があるのではないかと思います。

想像しただけでゾッとしますが…

 

以上で、松浦勝人さんの年収や自宅についてのまとめ終わります。
最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

スポンサーリンク